JAXA × FUJICO

I-01:宇宙ステーションの「におい」宇宙飛行士は、その中にいる

宇宙から美しい地球の画像を投稿してくれたあの時、宇宙は臭かった?!

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する宇宙飛行士からの交信では伝わってこないのが、においです。
じつは、宇宙ステーション内は独特な「におい」がするようで、ある飛行士はそれを「体育会系の部室のにおい」と表現したといいます。ISSで撮った美しい地球の写真をTwitterにupしてくれた時も、飛行士は「臭い思いをしていたかもしれない」なんて、なんか想像できないですよね。

窓を開けられない宇宙ステーション内では、地上とは異なる「におい対策」が必要。

宇宙ステーション内のにおいの原因は、人が発する汗に含まれる有機物等ではないかとされています。
考えてみれば、悪臭がしたら窓を開けて空気を入れ替えるといった、地上なら簡単にできることが、
できないのが宇宙空間。
ISS内では地上と異なる対策が必要となります。

飛行士たちを、悪臭や有害ガスから守る研究が進行中。

現在、世界が協力して実現をめざしている有人火星探査には、往復だけで約3年がかかります。
それは、まさに閉鎖空間での長期滞在となるので、宇宙飛行士の居住環境整備は、いっそう重要。
そこでJAXAでは、共同研究に合わせ、宇宙船内の消臭・殺菌や有害ガス除去の研究が進められています。

ひと口に消臭といっても、宇宙空間・宇宙船内での消臭です。そこには特有の制約が立ちはだかっていました。
(詳しくは次章で!)