においが消えれば、笑顔が生まれる!

「患者様とご家族の笑顔をとり戻す」ための消臭

「高齢者の多い病棟の、においを解消したい」

京浜病院(医療法入社団・東京都大田区)は、ご高齢の患者さんがほとんどの「医療療養病床(金71床)」です。

認知症や要介護度の高い入院患者さんが多く、おむつ処理等における「におい対策」をこれまでも陽じてきた京浜病践が、「におい対策の切り札」として新たに導入したのがフジコーの光触媒製品でした。

導入施設を見学比「においのない健康的な空間」を実感。

「患者様とご家族の笑顔をとり戻す」ことを、病院の基本理念・第一条とする京浜病院。高齢の入院患者さんが多い同院では、おむつ、祷癒、捜痘への対処等で「においの問題」はつきません。熊谷理事長先生は、従来から先進的に「におい対策」に取り組んできましたが、常身「もっといいものはないか」と、気にされていたそうです。

TV報道番組*1でフジコーの光触媒消臭ー除菌製品を知り、北九州市に講演に来られた際に導入施陵(高齢者複合介護施設・フジケア「都の社」*2) を見学。すぐに施設内の空気が「やさしい」、「やわらかい」と感じ、「においのない健康的な空間」に感銘を受けたことから、2014年、まずは試験的に、京浜病院にも導入いただきました。

*1.TBSテレビ「夢の扉+」

*2.北丸州市小倉北区にあるグループホームほかの複合施設

施工、設置で、臭気感知でも測定結果でも、においが軽減。

京浜病院での試厳導入では、5階の廊下ー部と2つの病室、ナースセンター、トイレの床に消臭除菌タイル「マスクシールドタイル」を施工し、病室ほかに空気消臭除菌装置「マスククリーン」を陵置しました。導入前と導入後では、臭気感知試験(人)でも臭気測定結果(機械)でも、「においの軽減効果」が得られ、2015年には本格導入となりました。3、5、6階フロア床全面にフジローの光触媒消臭・除菌タイルを施工、継続的に空気消臭除菌義置も設置いただいています。患者さんのご家族(とくに痢室のにおいのことを気にされていた方)に、大変喜んでいただいているとのことです。取材で各階をまわった際にも施工フロアは、どこにも、あきらかに「においがしない」ことが実感できました。

感染予防での有効性にも期待を寄せて、除菌の実証データを現在、収集中。

症状を訴えることができない終末期の患者さんや認知症の患者きんでは、感染対策がとても難しいそうです。京浜病院では、院内に侵入した菌・ウイルスの活性化を防ぐことが感染予防につながるという面でも、フジコーの光触媒消臭・除菌タイルに、関心を寄せていただいています。「マスクシールドタイル」を床全面に貼り巡らした階と、施工してない階での比較実証データを、この面にも注目して、こまやかに収集分析いただいています。