FUJICO

English site
ハードフェーシングの株式会社フジコー TEL 093-871-3724(代)
  • 事業内容トップ
  • 複合製品製造部門
  • CPCプロセス
  • 再生ワークロール
  • 溶接
  • 容射
  • 鋳かけ肉盛り
  • 光触媒技術
JAXA × FUJICO「におい解体新書」
においとは何か編「におい解体新書」

光触媒技術MaSSC専用サイト

MaSSC:光の魔法で臭いを消す!光触媒と溶射技術で消臭&強力除菌
製作・加工部門
  • 製作・加工部門について
設備工事・保全管理部門
  • 設備工事・保全管理部門について
操業関連作業部門
  • 操業関連作業部門 について

フジコーの製品をご紹介

「鉄ができるまで」鉄の製造工程の様々な場面で活躍するフジコーの製品をご紹介します。

溶接 画期的なハードフェイシング技術。高度な溶接のエキスパートです。 鋳鉄の特殊溶接からスタートしたフジコーは数多くの経験を通じて多彩なノウハウを蓄積しています。溶接材料の開発・製造から製品の設計・製造まで一貫した体制で信頼性の高いバラエテイーに富んだ製品を幅広い産業分野に提供しています。

FUJICOの溶接

フジコーでは一般アーク溶接のほか、PTA(粉体プラズマ)溶接、TIG溶接、MIG溶接、サブマージ溶接などを行っています。高品質が得られるサブマージ溶接と組合せ、自動溶接では難材質と言われる高硬度ハイス溶材(ショア硬さ100)を開発し、高品質の製品を提供しています。
また、PTA溶接は10,000〜20,000℃にも達するプラズマを熱源に使用する方法で、希釈が少なく薄肉でも目的の金属組織を得ることができます。さらに、PTA溶接に使用する溶接材料は粉末なのでワイヤでは充填率の面から不可能な高合金材料や高融点材料を溶接することができます。このPTA溶接による微細均一な炭化物を多量に晶出させた粉末ハイス系合金を開発実用化し金属間摩耗に対し更に優れた実績を示しています。
このように肉盛溶接による複合製品製造では最適なオリジナル溶接材料を持つこと、高付加価値の新規溶接材料をいち早く開発することは重要です。このためフジコーは蓄積した技術をベースに各種被覆アーク溶接棒、溶接ワイヤ、溶接フラックスなど溶接材料全般を製造しています。

ページのトップに戻る

FUJICOの溶接事業の特徴

多くのレアメタルで、驚異的な耐摩耗性を向上

溶接という急冷組織を利用し、多くのレアメタルを用いて用途にあった驚異的な耐摩耗性を実現します。

多様な溶接法で、顧客仕様を達成

顧客仕様を満足させるため、各種形状、材質(芯材・溶材)にあった最適な溶接法を選択し高品質な商品を提供します。

ページのトップに戻る

肉厚ハイス材[FT-Xシリーズ]機械的特性

製品名 硬 度 引張強さ 抗析力
FT-X3 HS98 115kg・f/㎟ 荷重7.1kg・f/㎟ たわみ4.8mm

XMAライン分析結果

XMAライン分析結果

写真:XMAライン分析結果
グラフ
ページのトップに戻る

製品例

  • 石炭粉砕ミルロール

  • サイドガイド竪ローラー

  • ブルームCCピンチロール

  • 酸洗ラインの各種プロセスロール(ピンチ、レベラー)

  • ホットスキンパスブライドルロール

  • 厚板・大形・条鋼などの搬送テーブルロール

  • 連続鋳造ロール(CCロール)

  • 冷延・熱延各種サイドガイドローラー

  • 酸洗ラインピンチロール

  • 封筒用刃圧ロール

  • スリップリング

  • シャー刃物 等

ページのトップに戻る

ワークフロー(溶接ロールの代表例)

芯材購入→肉盛溶接前加工→肉盛溶接→粗加工→中間検査→熱処理→仕上加工→最終検査→防錆・梱包→出荷
溶接技術・溶接製品に関してのお問合せは 営業調整室:093-871-3724 担当:山本 受付時間 月〜金 9:00〜18:00
ファックス・メールは24時間受付 ファクス093-884-0048
お問い合わせフォームはこちら
ページのトップに戻る

Copyright Fujico Co.,Ltd.1999-2017,All Right Reserverd