FUJICO

English site
ハードフェーシングの株式会社フジコー TEL 093-871-3724(代)
  • 事業内容トップ
  • 複合製品製造部門
  • CPCプロセス
  • 再生ワークロール
  • 溶接
  • 容射
  • 鋳かけ肉盛り
  • 光触媒技術
JAXA × FUJICO「におい解体新書」
においとは何か編「におい解体新書」

光触媒技術MaSSC専用サイト

MaSSC:光の魔法で臭いを消す!光触媒と溶射技術で消臭&強力除菌
製作・加工部門
  • 製作・加工部門について
設備工事・保全管理部門
  • 設備工事・保全管理部門について
操業関連作業部門
  • 操業関連作業部門 について

フジコーの製品をご紹介

「鉄ができるまで」鉄の製造工程の様々な場面で活躍するフジコーの製品をご紹介します。

溶射 あらゆる素材を駆使した表面改質。高品位で優れた特性を生み出す。 フジコーには、長年の経験とノウハウを生かして、幅広い溶射技術があります。特に、高速フレーム溶射では、優れた密着性により、従来概念を越えた領域にまで活用されております。製鉄・電力・環境・製紙・エネルギーなど広い分野で活躍しています。

FUJICOの溶射

芯材となる金属の溶融を行わず、粉状やワイヤー状の金属材料を高温で溶かし、芯材の表面に高速で叩き付けることで、粒子間を物理的に密着、積層し溶融皮膜を形成するハードフェーシング(表面加工)です。フジコーでは、高速フレーム溶射やプラズマ溶射、ワイヤー溶射などさまざまな溶射方法が取り入れられています。特に高速フレーム溶射(HVIF)は、溶射する粉末素材が完全に溶かされていないのが特徴で、いわば金属の粒を芯材に衝突させて皮膜をつくる方法です。最近では、ゴミ焼却プラントや発電所のボイラー内や燃焼室内に高速フレーム溶射が適用されています。いずれも悪環境での溶射作業になるため、フジコーは現地施工用に自動溶射装置を独自開発しました。過酷な環境下での作業を容易にするとともに、安定した品質を保つことができるようになりました。フジコーは高速フレーム溶射をはじめ、従来の溶射概念を超えた技術を駆使して、製鉄・電力・環境・製紙・エネルギーなど幅広い分野で活躍しています。

高速フレーム溶射について(動画)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ページのトップに戻る

FUJICOの溶射事業の特徴

高速フレーム溶射は、WC-Co皮膜の転動疲労試験で100万回転以上もの耐剥離性を実現

フジコーが開発した高速フレーム溶射は溶射の概念を変えた低温・高速溶射が特徴。つまり溶射材料は粉状で、これを溶かすことなく高速で吹き付けます。プロパンやケロシンなどの液体燃料を空気・酸素と混ぜてジェットエンジンのように燃やし音速の約2倍の速さで溶射材料を吹き付け。高温になる前に芯材に吹きつけられ、あたかも突き刺さるように積層されます。このため密度の高い皮膜となり、従来溶射の欠点であった積層ムラも発生しません。

高速フレーム溶射は、熱変質の少ない製膜形成が可能

低温溶射のため炭化分も溶融しないので性質や形状に変化がなく、溶射材料の特徴をそのまま生かせます。

独自開発した現地自動溶射装置で、過酷な環境下での作業性の向上と安定した品質を確保

軽量、コンパクト、分割組立式で、狭い場所にも容易に持ち込め、過酷な環境に適応する耐久性を有しています。取り付け済みの装置などに現場で自動溶射しコーティングや金属複合体にするもので、大型ボイラーや製鋼用転炉、汚泥乾燥装置などの部品溶射実績があります。

ページのトップに戻る

溶射材料【高速フレーム溶射】

WC系、Cr3C2系等のサーメット材が溶射材料が中心です。

種類・材料名称 特 性 硬度(Hv) 密着力(MPa)
WC−Co系 540℃以下の耐摩耗用(耐フレッティング) 1300 > 70
WC−NiCr系 WC−Co系以上の耐腐食性向上材 1200 > 70
Cr3C2−NiCr系 800℃レベルの高温耐摩耗用(耐フレッティング) 1000 > 70
NiCrBSiFe 耐食・耐摩耗用(800℃以下) 700 > 70
CoNiCrAIY・NiCoCrAIY 耐食・耐高温酸化 > 70
80Ni/Cr 耐食用途(アンダーコート)、耐食・耐高温酸化 > 70
ページのトップに戻る

製品例

  • セメントプーリーロール
    (超音速プラズマ溶射)

  • 事業用火力発電所ボイラーロール

  • ゴミ焼却発電ボイラーチューブ溶射

  • フィルムロール

  • 転炉OGフード現地溶射
    (アーク溶射)

  • ストラトカラー、スリーブ等

  • 冷延プロセスロール

  • 集塵機ブロアー溶射

  • 汚泥乾燥装置
    (高速フレーム溶射)

  • 線材ガイドローラー

  • スクリュー溶射

ページのトップに戻る

ワークフロー

芯材購入→受入検査→溶射前研削→溶射→ダル処理→ピークカット→仕上研削→最終検査→防錆・梱包→出荷
溶射技術・溶射製品に関してのお問合せは 営業調整室:093-871-3724 担当:山本 受付時間 月〜金 9:00〜18:00
ファックス・メールは24時間受付 ファクス093-884-0048
お問い合わせフォームはこちら
ページのトップに戻る

Copyright Fujico Co.,Ltd.1999-2017,All Right Reserverd